千秋町だいすきブログ

2015年10月16日 金曜日

ブラックバス釣行報告 2015年秋篇  by総務

こんにちは、SEのアングラー matrix-kh です。

ヤッパリ、秋はブラックバス爆釣シーズンです。
しかし、場所によりけりです。
9月は、小榑川、木曽川の渡船場近くの池、岐大バイパス×木曽川のテトラポットと、
色々さまよいました。
テトラは最初のころは夕方2時間程度で、10~20匹釣れることがありましたが、
だんだん釣れる量が減ってゆきました。
小榑川は釣れても5匹まで。
渡船場に至っては、3匹釣れれば上出来といったありさまでした。
しかしバス友から、とある池で連日30~40匹つれたとの情報が入り、
半信半疑で行ってみました。
情報は本当で、シルバーウィーク中、連日30匹以上つれました。
ただし、子バスばかりで、大きくても20センチ強程度でした。
釣れることに慣れてしまうと、だんだん欲が出てきて、
もっと大きなのが釣りたいと思うようになります。

そして、それからⅠヶ月ほど経ったある日、その池に隣接する池で、
5匹釣れたとの情報が入りましたが、行ってみると、池はどんより濁り、
枯葉が水面に溜り、バスの気配もありませんでした。
しかし、ダメもとで適当にキャストしてみると、子バス特有の小刻みなバイトがあり、
合せると案の定超子バス君がワームにくっついてきました。
なんだ~、と思い、また適当にキャストすると、
今までにない強くひったくるようなバイトと共に、
結構大きなバスが水面に踊り出てきました。
バス釣りの魅力は、バスが暴れて水面へジャンプしたり、
何度も逃れようといろんな方向へダッシュするので、
針が外れないよにさばく時のスリルが醍醐味です。
子バスが続いたので、ラインも細めにしていたので、
ラインが切れないように、慎重にロトリーブしました。
それが、このバス君です。



計ってみましたら、チョウド30センチありました。
私にとっては、最近にない大物です。
これに気を良くして、キャストを続けると、
子バスの間に、またまた25センチ超のものが数匹釣れました。

この池は、バス釣りにはほとんど知られていないようで、
ヘラブナ釣り以外は見かけない穴場です。
残念ながら皆さんに場所をお教えすることはできませんが、
今後の釣行報告にご期待ください。(^_^)/



コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Menu

大きな地図で見る
所在地
〒491-0804
一宮市千秋町佐野字五反田21
最寄駅
石仏駅
診察受付時間
午前 8:10 ~ 11:45
午後 15:30 ~ 18:45
ご来院の際には、受付時間内にお越し下さいませ。

お問い合わせ 詳しくはこちら