外来

2018年8月30日 木曜日

磯村医院【ボツリヌス療法を始めました】

磯村医院【ボツリヌス療法を始めました】

こんにちは、磯村医院です。
この度、脳卒中や脊髄損傷の後遺症などにおける痙縮に対してボツリヌス療法を開始することとなりましたのでご案内いたします。

〇ボツリヌス療法とは?
ボツリヌス療法とは、、ボツリヌス菌が作り出す天然のタンパク質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を筋肉内に注射する療法です。
ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があり、筋肉の緊張を和らげることができます。
ボツリヌス菌は食中毒の原因となる菌ですが、ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので感染する心配はありません。

〇ボツリヌス療法の効果について
ボツリヌス療法によって次のような効果が期待できます。


〇副作用について
ボツリヌス療法を受けた後に、副作用として以下のような症状があらわれることがまれにあります。これらの症状は多くが一時的なものですが、
症状があらわれた場合には、医師に相談してください。

投稿者 医療法人育德会 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

Menu

大きな地図で見る
所在地
〒491-0804
一宮市千秋町佐野字五反田21
最寄駅
石仏駅
診察受付時間
午前 8:10 ~ 11:45
午後 15:30 ~ 18:45
ご来院の際には、受付時間内にお越し下さいませ。

お問い合わせ 詳しくはこちら