HOME > 医療法人育徳会

医療法人育徳会

医療法人育徳会 理念

家族のように安心・安全・快適・尊厳を提供し地域貢献し続ける。

医療法人育徳会 理事長挨拶

医療法人育徳会 理事長挨拶のイメージ

愛知県一宮市の東に位置する医療法人育徳会では、一宮、岩倉や江南の地域医療の提供を通して、私たちの事業は、ご家族の在宅における看護や介護の限界を知り、それをトータルにサポートするべく、通所リハビリテーショ、デイサービスセンター、ヘルパーステーション、居宅介護支援事業所の各事業を展開しています。

介護を受ける方の真の願いを汲み取り、私たち自身が利用者であったらどうしてもらいたいかを常に考えることをモットーにサービスにあたっています。そして、介護やリハビリなど体のケアはもちろん、人との出会いも大切にしたい。
そこには会話、楽しさ、おいしさ、うれしさを分かち合う…。
ケアの意義はそこにあると考えるからです。
介護を受ける方、そのご家族ともに「安心して暮らせる未来」…。そんな未来を地域の皆さまに提供したい。
それが私たちの願いです。

ノアの家オープンにあたり

老人福祉視閲ノアの家オープンにあたりのイメージ

私は、1994年から消化器を主とした一般的内科を開業致しました。思い起こせば当時は消化器内視鏡学、肝臓病学にかかっていたため、早期発見、早期治療ばかりにとらわれていた気がします。
しかし地域のみなさまと歩んでいるうちにふと一人一人の望む医療の提供に奔走していることに気がつきました。
そして同時に医療と介護が連動しており切っても切り離せないことを再認識し、介護や医療を必要としている人を主人公にその周囲の環境を整えてゆくことの大切さを確信しました。
その結果が“マリアの家”であり社会福祉法人延徳会“ケアハウス露庵”でありました。

現在では、戦後復興期の社会風刺の反省すなわち世間体や何でも入院治療そして病院で最後を迎えるといった時代を省みて高年齢層に対して尊厳を重視した看とりが打ち出されています。

老人福祉視閲ノアの家オープンにあたりのイメージ

日本人の伝統文化を継承し、よりあるべき人の姿が尊重されてきた今、在宅管理の必要性が公民ともに叫ばれています。
これは、我が国の財政状態の悪化と合致して現況を育んでいる半面、核家族化した家族構成や少子高齢化した社会には、合致せず難題が続出しています。

例えば、心より自分の父母や祖父母を看ようと思っても経済的な問題や肉体的疲労、またその家族の有する基礎疾患の増悪に不安があるなどです。これを解消すべく方法としてショートステイがあります、そこで私は、今までの医療介護の集大成としてノアの方舟の如くご利用者様であれそのご家族であれ、その個人個人の色々な思いを達成したい思いでショートステイを、そして医療管理を必要としている方々の居場所をこの地域にもと思いこの度“ノアの家”開設となりました。

旧約聖書には、ノアの意味と書せられた一文があります。“この子こそ、主が地を呪われた為、骨折り働く我々を慰めるもの”
これを私風に解釈すると、“現在の医療介護難民は、神の定めによる者。我々は、人の為に生きている。そして人の喜び悲しみを共有することで生きがいを感じる。
その場所その環境がノアの家であると強く思い地域と共に共存共栄してゆく事を心より願っております。

医療法人 育徳会
理事長 磯村豊司

Menu

大きな地図で見る
所在地
〒491-0804
一宮市千秋町佐野字五反田21
最寄駅
石仏駅
診察受付時間
午前 8:10 ~ 11:45
午後 15:30 ~ 18:45
ご来院の際には、受付時間内にお越し下さいませ。

お問い合わせ 詳しくはこちら